• ホーム
  • 精神的が原因の心因性EDとは?

精神的が原因の心因性EDとは?

性交渉時に十分な勃起を得られない状態のことをED(勃起不全)と言います。
性交渉時に勃起を得られないということは女性が自分には魅力がないのかと思ったり、男性自身も不安を抱えてたりしてしまいます。
このEDは主な原因としては加齢ですが、日常生活での過剰な体の酷使や食生活の乱れ等も原因です。
また、心因性EDの患者も増加傾向にあります。
近年ではED患者の半分がこの心因性EDだという結果が出ています。
心因性EDは、性交渉時にパートナーの女性に言葉の暴力や肉体的な暴力で精神的にストレスを受けてEDになったりすることを言います。
また、新婚生活でパートナーの女性とうまくいかない、経済的なストレスがある等が原因で心因性EDになったりします。
その他にも初体験、妊娠への恐怖感、自分の性器が小さいことによるコンプレックスも心因性EDに分類されます。
このような場合、病院で心理療法士によるカウンセリングやED専用薬の服用で改善することができます。
また、幼児期の体験や性的トラウマ等の過去の出来事が原因でEDを起こす場合があります。
これらは深層心理に問題があり大半が無意識下でEDになることが多く、何故EDになっているのか本人には見当がつかず、原因の解明に長時間かかり治療が難しいケースが多いと言われています。
この深層心理の傷害が問題で起こるEDは治療途中でうつ病を併発させる可能性もある為、治療に注意が必要です。
確かな腕を持つ精神科医の下で適切な心理療法を受けないと症状が悪化する場合があります。
このように心因性EDにはパートナーによる心許ない発言や初体験、妊娠させてしまったらどうしようという緊張や焦り、自分の性器に対する自信の無さ等の最近起こった出来事による心因性の問題と、過去に起こったトラウマ等による問題の2つが主な原因です。
日本人は真面目で勤勉な人が多いですが、自信が無い人も多いため心因性の問題でEDになるケースも多いと考えられます。

心因性EDによる治療法は?

心因性EDは病院で適切な治療を受けることで必ず治る病気です。
パートナーとの性交渉時に勃起しなくなっても心配する必要はありません。
心因性EDの治療法は病院での治療が最も改善しますが自分で治すこともできます。
自分で治す方法としてはバイアグラやレトビラ等のジェネリック医薬品がネット通販で売っています。
これを購入して服用すれば症状が軽い場合の心因性EDには効果があり十分な勃起を得ることができます。
初体験時に勃起しなかったり何年振りかの性交渉時の場合等はあまり深く考え過ぎず、これらの薬を服用することは非常に有効な手段と言えます。
それよりも、性交渉時の緊張で長い期間EDに悩まされるより断然薬で治療した方が自分とパートナーにとって最も良い手段と言えます。

心因性EDは医師に相談するのも良い

重い症状の心因性EDの場合は医師による治療が有効です。
この場合、ED治療で医師に相談すると既にうつ病が発症していたというケースもあるので過去にトラウマ等がある場合は早めに医師に相談することが重要です。
治療方法はカウンセリングにより過去に起こったトラウマの克服が主な治療です。
医師も様々な質問をしてきますが、思い出したくない過去を無理矢理聞いてくることは殆どありません。
親身になって支えてくれる医師が多いと思いますので安心して治療を受けることができます。
また、パートナーの支えも重要で焦らせたり、酷い言葉を浴びせることは心因性EDの改善にはなりません。
周囲の人々の支えも重要な治療の1つです。
軽い心因性EDの人でも医師に相談しても何も問題はありません。
親身になって相談に乗ってくれます。
このように心因性EDには治療法がいくつかありますが、薬の服用や医師への相談は共に利点があり自分に合った治療方法を見つけて早めに治療することが重要です。

関連記事