• ホーム
  • ED治療でレビトラを選ぶ理由

ED治療でレビトラを選ぶ理由

両手で持たれる薬

ED(勃起不全)は男性の悩みの種の1つですが、それを解決するED治療薬にレビトラという薬があります。
レビトラは2003年にドイツのバイエル社から発売され日本では2004年に認可されました。
バイエル社の開発で多くの人の悩みが解決されました。
そして、このレビトラはEDの原因となるPDE‐5の活発な働きを抑えて勃起を促す効果があります。

レビトラの特徴

レビトラの最大の特徴は服用から15分~30分程で効き始めることです。
この即効性こそがレビトラの最大の魅力です。
レビトラの成分が水に溶けやすい為、効き目が早いのです。
また、レビトラは病院で処方される場合は10mgか20mgを貰うことが多いです。
10mgの持続時間は約5~6時間、20mgの持続時間は約8~10時間です。
持続時間は服用する方の体質や体調によって左右しますが、通常はこの程度の時間で効果を実感することができます。
また、レビトラは食事の影響を受けにくいとされています。
これは、食後に性行為の予定がある場合でも気兼ねなく服用できるので非常に便利です。
しかし、完全に食事の影響を受けない訳ではないので満腹状態では効果が薄れる恐れがあります。
その為、なるべく空腹時か食べていても満腹状態は避けて服用することが望ましいです。
また、血液に全て溶けるのに40分~50分程かかるので、大体性行為の1時間前に服用しておくことが望ましいです。
レビトラは服用してから24時間以上経過してから2回目を服用しないといけません。
連続服用は副作用が重くなる可能性があり危険なので避けましょう。
レビトラはお酒でも服用することができる薬です。
しかし、少量であればリラックスできるお酒も大量の飲酒はレビトラの効果が半減してしまうので注意が必要です。
また、グレープフルーツジュースで服用する事は非常に危険です。
配合成分のフラノクマリン酸が薬の体内への吸収を高め、副作用が重くなる場合があるので避けましょう。

レビトラの副作用は?

レビトラも治療薬である以上副作用があります。
しかし、副作用は比較的軽度な場合が多いです。
主な副作用として顔の火照りや目の充血が挙げられます。
これはレビトラに含まれる血管拡張作用が関係しています。
この2つの副作用は服用した殆どの人が訴える症状です。
軽度の場合はあまり心配せずに症状が治まるまで待つことで時期に元の状態に戻ります。
他の副作用として頭痛や動悸、鼻詰りといった症状が現れることもあり、頭が重く感じるようになることもあるそうです。
これも同様に血管拡張作用が引き起こす副作用の1つです。
これらの多くの副作用は性行為に支障を来さない程度の症状の場合が殆どですが、頭痛が激しい時は市販の頭痛薬を服用すると楽になります。
副作用は怖いイメージがありますが症状が重く感じなければ心配はありません。
軽い症状が出てきたら薬が効き始めたと感じる服用者も多いです。

レビトラと硝酸剤の併用は危険

また、硝酸剤を使用しながらレビトラを服用すると急激な血液低下を引き起こし大変危険です。
錠剤に限らず、貼り薬やスプレー等も硝酸剤配合の物はレビトラの服用が禁止されています。
脳梗塞や脳出血、心筋梗塞等を患ったことがあると服用を禁止または制限される場合もあります。

レビトラの偽物に注意

ネット通販でレビトラのジェネリックとして安価な製品が販売されていますが、偽物だったりする場合があります。
これらは構造が不明な物や効果や安全性が保障されていない物も多く注意が必要です。
特に海外の通販サイト等では購入した治療薬が偽物だったという場合が多いです。
これを避ける為にも日本の病院で診察を受けてレビトラを処方してもらうようにしましょう。
また、安価で購入する場合には安心できる日本のサイトからジェネリックを購入することでトラブルを避けられます。

関連記事
人気記事一覧
サイト内検索